むち打ち治療|群馬県太田市でむち打ち、腰痛等の症状を丁寧に施術させて頂きます。<ひじり整骨院>

むち打ち治療

むち打ち治療

むち打ちは交通事故に遭って発症するケースが多いのですが、すぐには痛みや違和感などの症状が出ないこともあります。
通常は事故に遭ってから2週間ほどで全ての症状は出るのですが、それよりも遅くむちうち打ちだと分かりこともあるため、事故に遭ってしばらくは症状を悪化させないように頭部を安静に保ち激しい運動は避けましょう。
衝撃が少なくて症状が出ていない場合でも、まずは専門の治療機関できちんと精密検査を受けて、むち打ちやその他の症状が出ていないことを確認しましょう。
むち打ちと一口で言っても、頸椎捻挫型、神経根型、バレリュー症候群型、脊髄症型などいろいろな種類があり、それによって治療方法も変わってきます。
むち打ちの症状には首や背中の痛みの他にも、倦怠感や頭痛や吐き気、手のしびれなどがあり、症状はダメージによっても違ってきますが、最低でも3ヶ月程度の治療が必要になります。
その後の後遺症などを防ぐためにも、完治するまでしっかり治療を続けることが重要です。

むち打ちの種類

頸椎捻挫型 交通事故によるムチ打ちの約70〜80%をしめるのが、この頸椎捻挫型です。
この損傷は筋肉や靭帯などの軟部組織の損傷で、レントゲンには写りません。
骨には異常はありませんが、首・肩・背中などに痛みが出現し、可動範囲が狭くなってしまったり、頭痛や鈍痛・違和感などが出現する事もあります。
神経根型 神経根型は頸椎から出ている神経が圧迫される事により、痛みや痺れ、重だるさなどが出現します。そして、うまく神経伝達が出来ず力が入らなくなる事があります。
バレ・リュウー型 頸部の損傷により、自律神経が機能障害を起こし、頭痛やめまい・耳鳴り・吐き気などの症状を引き起こします。
別名、後部交感神経症候群とも呼ばれています。
脊髄症状型 頸椎の脊柱管を通る神経が傷付けられ、痛みやしびれ・手足などの運動障害、膀胱・直腸障害などが引き起こされます。

PageTop